2017/11/04 11:00

第55回 兵庫工芸展 入選作 雲火焼陶板絵 「おもかげ」
 ”炎の絵師” 長棟州彦の作品です。

光の加減等もあるでしょうが、見る方によって、随分と印象の変わる不思議な作品のようで・・・。
明るい印象にも、重々しい感じにも。
いろいろ感想をいただきます。
みなさんはいかがでしょうか?