2017/03/07 16:52


少し暖かくなってきたかな~(・∀・)と思っていたら、また冷たい風が吹き始めてしまいました(>д<)
どうぞお風邪など引かれませんようお気をつけくださいね。


雲火焼展示館に御来館いただいた折によく質問されるのが、「どの(色の)焼き物が 一番いい 品なの?」です。
例えば、同じ形のお皿を購入しようというとき、それぞれ色彩が違うため、悩んでしまわれるんですね。
(できるだけいいものを選びたい。すごく良くわかります、その気持ち。私も何か買うとき、迷ったらお店の人に聞く派です。)
そのため、作家やスタッフに聞かれることのトップ入りしております。・・・が、実は難しい質問だなあと思っています。


「雲火焼の大きな特徴のひとつが、3色(白・橙・黒)が窯変で現れることです。
 ですから、雲火焼らしいものとしては、きれいに3色現れている品を選んでいただくのも良いかと思います。」

・・・とはいえ。
お客様によって、明るめのものを好まれる方、深い色合いがお好みの方、黒がお好きな方、本当にそれぞれです。
また、必ずしも作家が3色はっきり現れた作品を好む訳でもありません。
そして、だいたいみなさん、悩まれた末に、結局一番最初にお目に留まったものをご購入いただいているなと。
そういう意味でいうなら、一番いいのは、お客様が直感で好きな作品。
雲火焼らしい「いい」作品と、作家が思う「いい」作品と、お客様が「いい」と思うものが違っても「いい」。

そんなわけで、私はいつも
「でもやっぱり、お客様のお好みで、気に入っていただいたものが 一番いい と思います。」
と、お話させていただいております。
とても当たり前のことですね(笑)